定期検診のため大阪の母子センターへ

  • 2014.05.20 Tuesday
  • 19:02
しばらく更新できずにいましたが、Sくんは現在、
定期検診のため大阪母子センターへ検査入院しています。

ステロイドを飲まなくなって3ヶ月ほど経過していますが、
朝少々体がだるいようです。


それでも、最近は給食も食べられるようになり、
ある程度普通の生活に戻りつつあります。

今回定期検診で大阪に行くに当たって、
Sくんの中ではかなり不安があったようです。

というのも、前回もちょっと検査入院という感じだったのですが、
予想に反して長期入院になってしまったというといういきさつがあります。

そのことが記憶に残っていて、またなかなか退院できないのではないか、
そんなトラウマがあるみたいです。

ただ、そこは前向きなSくん、大泣きしたあとは気持ちを切り替えて、
大阪に出発していきました。

Sくんの母親でもある友人も、社会復帰の第一歩を踏み出したらしく、
友人は、自閉症やアスペルガーの子供達の、放課後や土曜日のチューター施設で、
先生をしているそうです。


明るい兆しも見えてきて、これからいい方向に向かうことを願うばかり。


 
コメント
はじめまして。
好酸球性胃腸炎を調べていてこちらにたどりつきました。
10歳の長男が、好酸球性胃腸炎の疑いがあるといわれました。
長男は今年急に強い胃痛や、耳の後ろが急に痛くなったとたんに吐き気がおきて嘔吐したり胃酸を吐くようになりました。近所の消化器科を受診し胃薬を飲むも効かず。

息子が、パンを食べると痛くなると。
毎朝食べていたパンを辞めると胃痛がおきなくなり、そのまま受診をやめてしまいました。

最近になってパン以外にも食べると胃痛がおきるようになり、アレルギーで有名な病院を受診し、血液検査で好酸球の数値がかなり高いことがわかりました。

血液検査のほか、尿検査、超音波、造影剤を投与してのCT検査。
超音波にて腸間膜リンパ節腫脹。CTにて小腸がただれていることがわかりました。

胃痛や時々の吐き気以外の症状は今のところなく、急いで治療をしないといけない状態ではなく、次週、胃の内視鏡検査をして生検をし、そのまた翌週にMRをする予定になっています。

好酸球性胃腸炎、もしくはすい臓や胆のうの病気も考えられると。

パンを食べたりするといたくなることもあり、私は食物アレルギーが原因と思っているのですが、先生は今のところ食物アレルギーが原因ではないと思っているという返事が。
なので、除去の必要は病院側としてはないと。パン以外でも胃痛がおきるため、アレルギーが原因ではないと思ってらっしゃるそうで。お母さんが気になるようでしたらパンなど
除去してもいいとは思うと。

どうなんでしょうか?私はアレルギーが原因と思っているだけに、じゃあ何故好酸球の数値が高いのか?食べ物によって胃痛がおきるものと起きないものがあるのは何故?と疑問に思っています。

とりあえず検査をしてみないとわからないのですが…
胃痛以外、本当に元気な息子。
この先どうなるのかも全くわからず、治療するとなると入院なのかな、大好きな学校やサ
ッカーもいけなくなるのかな…と。
7月のはじめてのサッカー合宿も行けなくなるのかな?など先の見えない状況に不安もあります。

長くなってすみません。またちょこちょこおじゃまさせていただきます!
  • chizu
  • 2014/06/25 5:12 PM
>chizuさん

訪問&コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。

原因がわからない状態が一番不安ですね。
好酸球性胃腸炎という病気自体、とても診断が難しく、直接的な原因は解明されていないのが現状。

Sくんも発症するまでは、食欲旺盛で元気いっぱいの男の子でした。

突然、腹痛を訴え最初は腸閉塞の診断でしたが、症状が改善されず、転院して詳細な検査を受けた結果、好酸球性胃腸炎だと結論づけられました。

好酸球性胃腸炎と診断されても、症状は様々のようです。
Sくんの場合は、その中でも症状が重篤で、あまり例を見ないと言われ、入院生活が長引きましたが、現在は少しずつ改善され、学校にも通えるようになっています。

同じ病気のでも、普通に生活を送っているお子さんもいらっしゃいます。

病気に関しては軽はずみなことは言えませんが、同じような悩みや不安を抱えるかたたちとの交流の場にしていただければ、嬉しいです。

いつでもお立ちよりくださいね。
  • smile-one
  • 2014/07/02 7:16 PM
親友が、好酸球性胃腸炎と診断されて、詳細を知りたくてうろうろしていて、此処に辿り着きました。
また、来ます。
  • 慧-あきら-
  • 2014/07/11 11:31 PM
>慧-あきら-さん

訪問&コメントありがとうございます。
親友の方が、好酸球性胃腸炎と診断されたんですね。

この病気は一般的な認知度が低く、医療従事者ですら、
まだまだ詳細を知る方が少ない現状。

新しい情報などが入りましたら、またお知らせしていきたいと思っています。

今後ともよろしくお願いします。
  • smile-one
  • 2014/07/29 11:37 PM
こんにちは、はじめまして。

好酸球生胃腸炎について調べていたところ、こちらにたどりつきました。

私も最近、好酸球生胃腸炎と診断されました。
この診断にたどり着くには、一ヶ月以上かかりました。

私の場合は、腹痛からはじまり、お腹のはり、嘔吐、下痢を一ヶ月くりかえしました。
最初の腹痛の時に、病院で胃カメラや採血をするも、以上なし。
胃薬など、のんでましたが改善せず。
一週間の間に4回病院に行きました。

そこで、4回先生が変わってみてもらいましたが、皆言うのは ストレス。

確かに仕事上、ストレスを抱えていないことはないですが、ここまで腹痛になるものか?

と、疑問にも思っていました。

産婦人科に行く事もかんがえましたが、病院を変え、かかりつけの先生に見てもらうも、ストレスかなぁ?と。
そこでもう一度採血をしたところ、白血球が異常に高い事がわかり、大学病院へ。

その時には、好酸球っていうものがあるということすら知りませんでした。

私の場合は、好酸球が75%ありすぐに検査の為入院。

胃カメラ、大腸の検査。
生検の結果は、やはり胃と大腸に好酸球があるとのこと。

この検査、大人でも本当につらいのに、Sくんはよく頑張ったね!って、本人に直接言いたいくらいです。
嫌だ嫌だと言っていた私はなんだったのでしょうかと思うくらい。

さらに、白血球の疑いもあるので、間に骨髄の採血もし、いまは結果待ちです。

病院の食事があっていたのか、今では、好酸球も下がり25%になりました。

当初はステロイドを使うなどありましたが、もう少し様子を見ることになり、ステロイドは使用しておりません。

Sくんのステロイドに対する発言。
うるっときました。

結局、何が原因なのか、わからずでしたが、アレルギーの可能性の場合、食べるものに気をつけていかないといけないなと感じております。

大人でも入院はつらいのに、Sくんは本当につよく、優しい方だと思いました。

くじけそうになった時に、Sくんの言葉をみに、また覗かせて頂きます。

少しでも、Sくんが笑顔で元気に過ごせることをいのります。

  • ソモ
  • 2014/07/30 8:34 AM
>ソモさん

訪問&コメントありがとうございます。

好酸球性胃腸炎という耳慣れない病名を検索して、
当ブログにたどり着く方が多いことに、
今さながらに驚いています。

それだけ、この病気は認知度が低く、
診断も難しいということでしょう。

Sくんも最初の診断は腸閉塞でした。
また、高知の病院では小児科の専門医がいないため、
大阪に月に一度のペースで検診に通っているのが現状です。

Sくんは本当に明るくて、周囲の大人の方が逆に
パワーをもらっています。

気持ちを共有できたり、勇気をもらったり、
また与えたりできるよう、当ブログが何かしら
お役に立てれば嬉しく思います。

私もこの病気の原因と治療法が一日も早く確率されることを願っています。

そしてソモさんの症状が、少しでも改善され、
笑顔で過ごせるように、心から祈っています。
  • smile-one
  • 2014/08/01 7:11 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM