2014年

  • 2014.01.04 Saturday
  • 17:35
2014年がスタートしましたね。
今年も地道にカメの歩みではありますが、一歩でも前へ進むことができるよう、
活動していきたいと思っています。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。




順調に回復していたかのように見えたSくんですが、
クリスマスに嘔吐して緊急入院となりました。

家族で年越しを過ごすことができず本当に残念です。
一番哀しい想いをしているのは、Sくん本人でしょう。

それでも、養護学校へ通えるほどになったのは、
2013年の明るいニュースでした。

2014年もきっといいことがあると信じて、
応援していきたいと考えています。

何ができるのかわかりませんが、
誰かが応援してくれている、誰かが見守っていてくれる、
それだけでも、勇気づけられることがあるはず。

皆さまの応援の声は、Sくんにも届いています。
これからも、応援していただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 
コメント
はじめまして。2003年6月生まれの男児の母です。息子は2006年3月に好酸球性胃腸炎を発症し、現在も闘病中です。初めて小児で同じ病気の子のサイトと出会いました。これからもお邪魔させてくださいね。
  • mm
  • 2014/01/10 10:43 PM
はじめまして。うちも2003年生まれの男児の母です。
宜しくお願いします。
横浜に住んでます。昨年6月に具合が悪くなり、病院で診てもらってもなかなか良くならずに結局5人目の先生によって9月に
好酸球胃腸炎と起立性調節障害を併発していた事がわかりました。
病気になってから入院したりもしてますが、まともに学校に行けてません。
早く治療法が確立してほしいですね。

  • candy
  • 2014/01/12 10:24 PM
>mmさん
訪問&コメントありがとうございます。
お返事が遅くなりました。

息子さんも、Sくんと同じ病気なのですね。
病気の方と出会う機会は少ないでしょう。
私も実際、Sくんを知らなければ、耳にすることもない病名でした。

しかも最初は、子どもの症例はほとんどない、大人がかかる病気だと聞いていました。

単純に、診断が難しいから、公式に発表されていないだけで、今なお診断されないままのお子さんもいらっしゃる気がします。

是非、またお立ち寄りください。
今後ともよろしくお願いいたします。
  • smile-one
  • 2014/01/15 6:50 PM
>candyさん

訪問&コメントありがとうございます。
この病気は、診断自体が難しいらしいですね。
Sくんも最初は腸閉塞と診断され、正しい診断が行われるまでに、かなり症状が悪化したと言っていました。

一刻も早い治療方が見つかるよう、祈るばかりです。

個人で何ができるわけでもないですが、こうやってブログを立ち上げるだけでも、同じ想いを共有することができるので、無駄ではなかったと思っています。

もっと世間の人にも認知してもらって、公的な機関に対しての声があがればいいですね。

そのためにも、情報発信をできるだけ、続けていきますので、今後ともよろしくお願いします。
  • smile-one
  • 2014/01/15 6:56 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM